人気ブログランキング |
<   2019年 04月 ( 56 )   > この月の画像一覧
2019.4.30 ポルトガル旅行(6日目 - 結婚記念日ディナー@Tapabento -)
ポルトの街ど真ん中に鎮座するクレリゴス教会にやってきました。

ファサード美しいですな。
a0353681_15544817.jpg


↑上の写真だと奇跡的に見えてないんだけれど 教会と鐘塔↓がひとつの建物として構成されています。
a0353681_15550135.jpg



金泥細工の煌びやかさと淡い色味の大理石のバランスが見事。
a0353681_15550930.jpg

この教会の特筆すべき部分は、2階部分から聖堂を見下ろせること。

1階からの教会の見学は無料なのだけど、教会の2階部分+鐘塔は€4を払って入場可。ここはもちろん€4払ってでも入っときましょう!
時間帯によってはポルトガル名物・大行列が発生しているので注意。わたしたちも昨日&今日のAMに行ったらプチ行列で、3度目のトライで晴れて入場です。





3年前に旅したプラハで聖ミクラーシュ教会に行ったのだけど、そこも2階から見学できたんですよね。
そのときの感動たるや。
俯瞰で見る聖堂の美しさたるや。

それ以来、2階から見れる教会LOVE。なのでかなりテンション上がりました!!
a0353681_15551815.jpg


いや~ やっぱりいいなぁ。。
a0353681_15552739.jpg

ていうか、リンクを貼ろうと思ってプラハ・ウィーン旅行の記事を久々に読み返したんだけどプラハとウィーンの教会、やべぇな。
装飾やフレスコ画などの美しさがえぐい。。。。ほかのヨーロッパのそれとは次元が違うというか。これもセンスなのかな。あとは財力?






聖母マリア像も、
a0353681_15553706.jpg


背後から見れちゃう。マリア様目線で見れちゃう。
a0353681_15554708.jpg


いつもは見上げるパイプオルガンも、同じ高さ。
a0353681_15560325.jpg


a0353681_15562272.jpg

続いて鐘塔。

255段のらせん階段をふーふー言いながら登ったら、この景色☆
a0353681_15562768.jpg


オレンジ屋根いっぱい~
a0353681_15563428.jpg


a0353681_15564434.jpg


a0353681_15565471.jpg

ドン・ルイス1世橋からの眺めのほうが好きかな^^

a0353681_15570161.jpg



おたのしみのディナータイム。

そう、今日は結婚記念日なのです!!!
なので ポルトでいちばん人気と言っても過言ではないTapabentoで記念日ディナーとしゃれこみます☆

日本から予約のメールをしたときは どの日もほぼいっぱいだったんだけれど、お店のスタッフさんが「19:00-20:30まででよければ席取っておくよ」とうれしい提案! わたしたちごはん食べるのめちゃ早いので問題ナッシング、食い気味にお願いしたというわけ。


19:00の開店前から人が待っているというポルトガルではじめての光景を目の当たりにし、やっぱり人気なんだー予約取れてほんとよかったーと思いました。
a0353681_15571964.jpg
ちなみに予約なしで突撃した人たちはやはり入店できてなかった。。。。

順番にレセプションで予約の名前を言って 席に案内してもらうんだけどわたしたちの番になったら 「えーっと yuriikaね?」と。

「ええええ、なんでわかったの~(⊙ω⊙)」

「フフフフフ」


きゃ~ Tapabento好きぃぃぃ~(´♡ω♡`)





a0353681_19212848.jpg



スパークリングフルーツサングリアで乾杯♡ 13年目もよろしくね(*˘︶˘*).。.:*♡
a0353681_15574130.jpg



魚のスープ。
スズキ、あんこう、えび、カニのエキスたっぷりで濃厚な旨味に パクチーの清涼感がアクセントでやってくる。おいしいいいい!!
a0353681_15575248.jpg



次のお料理の前に運ばれたのは、、、、まさかのお箸。竹のたよりぃぃ!!!!
a0353681_15575966.jpg


たたき ならぬ、Tataky(タタキィー)です笑
a0353681_15580901.jpg
天然まぐろのたたき。大西洋のまぐろ、初めてじゃない?! とってもおいしい♡



まさかポルトガルでいくら食べれるとは☆
a0353681_15581582.jpg


黄色いいくら!! ヤマメの卵ですね。
a0353681_15582097.jpg



メインは天然えびのリゾット。文句なしにおいしい。
a0353681_15582788.jpg

いやー もうお腹いっぱい。。。タラ食べたいけど、、、、
ふとお隣を見たらタラのグリルが赤レンガ並みの大きさでギョギョッとなり、断念。




食いしん坊がたくさん!!
お客さんも含め、全体がとてもすてきな雰囲気のお店。そりゃ人気あるわー
a0353681_19205187.jpg
お会計€53≒¥6,800。
おいしかったー、ごちそうさまでした◎







帰りはサン・ベント駅に寄って 明日使うアンダンテカード(24時間乗り放題チケット)を購入。
a0353681_15584723.jpg


夕日のオレンジ色が差し込んで 青と白の壁を染めていましたー
a0353681_15585865.jpg


マジックアワーはヨーロッパの街並みをさらにドラマティックに変えますね。
a0353681_15590540.jpg


本日のマカロン、を
a0353681_15591364.jpg


食べながらスヌーカー。
a0353681_15591872.jpg
いい記念日でした♡

by yuriika3 | 2019-04-30 18:54 | 海外旅行
2019.4.30 ポルトガル旅行(6日目 - ついにポートワインの聖地上陸 -)
ドン・ルイス1世橋を渡ってポートワインの聖地、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区にやってきました。


ドウロ川沿いは ワインバーやレストラン、そしてセラーが立ち並んでおりとっても賑やか。
a0353681_20223396.jpg


セラーの看板ずらら。こんなにあるなんてびっくり!
a0353681_20223990.jpg



明日とあるセラーのツアーを予約してあるので 今日は軽く偵察するノリでやってきたんだけど、どこを歩いても 楽しそうにポートワインを飲んでいる人たちが目に入り......... せっかくだからどっかで飲んじゃう? 

ってなりますね、当然。


だんなさまがシュパパパッとネットで評判のいいセラーを見つけてくれ、川沿いに面した QUINTA DO NOVAL(キンタ ド ノヴァル)にやってきました。
a0353681_20224859.jpg
なんと創業300年越え。すご! 日本酒の蔵でも300年ってそうないですからね。




若い女性スタッフさんにアドバイスしてもらって、5種のポートワインを楽しめる『PACK 20Y』にしました。1人1セットなんてとても無理なので、2人でシェア^^


左から、20Y、 Silval 1996 Vintage、 LBV、 Black、 Cedro
a0353681_20231042.jpg
はあ、おいしい。。。。
本場のポートワインに酔いしれる。。。。

20 Yearもいいけど、初体験のLBVはまろやかかつ深い甘みで衝撃的なおいしさ。これがいちばん好き~♡ とスタッフさんに言うと「でしょ~?」ってニコニコ。



ポートワインのおともに お店オリジナルのオレンジチョコレートをつけてもらったんだけどこれがまた激うまで感動しきり!
a0353681_20231802.jpg

加えて目の前の景色、コレ。完璧。
a0353681_20233239.jpg


あっという間に 無くなってもたー
a0353681_20232518.jpg
ここよかったなぁ。大満足。
お会計€33.5≒¥4,300 + LBVとヴィンテージのボトルお買い上げ。
ごちそうさまでした◎





a0353681_20241400.jpg


意外とほろ酔いなもので 帰りはケーブルカー↓で上にあがろう♪
a0353681_20252979.jpg


↓ 拡大。めっちゃ急こう配。
a0353681_20254548.jpg


1人€3。乗車時間約3分。
a0353681_20255378.jpg




ふたたび コングレガドス教会に戻ってきました。まだ行ってない北側のエリアを歩いてみよう。
a0353681_20260405.jpg



工事中の布カバー?がかわいい。街が明るくなりますね
a0353681_20261137.jpg

これもおしゃれ
a0353681_20261988.jpg



アズレージョがひときわ鮮やかな アルマス教会。
a0353681_20263602.jpg


なんと美しい...
ポルトにはアズレージョの教会がたくさんあるけれど、これがいちばん好きかも。
a0353681_20271490.jpg


内部はこんな感じ。壁にも控えめにアズレージョが♡
a0353681_20272387.jpg


アルマス教会付近にはアズレージョの建物がたくさん。
a0353681_20274227.jpg


年季が入っていてかっこいい。
a0353681_20275176.jpg


a0353681_20280329.jpg


a0353681_20303887.jpg


ブティックが立ち並ぶサンタ・カタリーナ通りはすごい人出です
a0353681_20304702.jpg


Cafe Delta Qで休憩。ここはなんとManteigariaのナタが食べられるのだ☆ ナタひとつ€1≒¥123。
a0353681_20305459.jpg



サント・イルデフォンソ教会
a0353681_20310495.jpg

祭壇
a0353681_20311147.jpg



a0353681_20311959.jpg


アズレージョのトラム♪
a0353681_20312835.jpg


観光客でいつでもいっぱいのこのお店、なんだかわかります?
a0353681_20315758.jpg


オイルサーディン缶の専門店なのだ。わたしたちにはおじさんサーディンがあるから買わないけど、みなさん爆買いされてました。
a0353681_20320515.jpg


ベートーヴェンとワーグナー。だんなさまガン見して「ふんふんふーん♪」とやっています
a0353681_20321422.jpg


譜面を脳内再生してみたらしい。が、けっきょく何の曲かわからなかったそう。。。てか これもアズレージョだもん、すてき。
a0353681_20322641.jpg


わはは笑
a0353681_20323729.jpg

by yuriika3 | 2019-04-30 15:22 | 海外旅行
2019.4.30 ポルトガル旅行(6日目 - ポルトのランドマーク;ドン・ルイス1世橋 -)
歩いては立ち止まり
写真パシャパシャ
歩いては立ち止まり
写真パシャパシャ

ぜんぜん歩みが進まないフォトジェニックな街、それがポルト。

やっとカテドラル(大聖堂)に着きました
a0353681_18063585.jpg


丘の上に立つカテドラル、眺めは抜群。
ポルトの街一帯が世界遺産の歴史地区な だけあって 近代的な鉄筋高層ビルは一切なく、76m弱のクレゴリスの塔がシュポっと見えます。
a0353681_18064208.jpg


a0353681_18065005.jpg


a0353681_18070302.jpg


威厳と美しさをあわせもつアズレージョの回廊。
a0353681_18071319.jpg



アズレージョだからこそ出せる青。濃淡があって色合いが絶妙ですよね。
a0353681_18072765.jpg


a0353681_18073696.jpg


2階の回廊にもアズレージョがあるー♪
a0353681_18074522.jpg


こんなかんじ。壁に誰もいなくなるの、けっこう待ったのよ(・∀・)
a0353681_18081937.jpg


a0353681_18081182.jpg


a0353681_18082753.jpg


a0353681_18084347.jpg


a0353681_18085208.jpg



主祭壇ではミサが始まろうとしていました。
a0353681_18090135.jpg


a0353681_18091133.jpg


見学を終えて外に出るとぎょぎょぎょ、ポルトガル名物・大行列
a0353681_18091959.jpg


だーりんちょいビビり気味
a0353681_18094327.jpg



いよいよ。


楽しみにしていたドン・ルイス1世橋を渡るの巻。だんなさま、堂々とど真ん中を歩いていますが、
a0353681_18095306.jpg


電車が通るのでかなりデンジャラスです。電車はほぼ無音で気配を全く感じられないので10秒おきに後ろを振り返っての安全確認必須。
a0353681_18095952.jpg


柵も一切なく、人とスレスレに走る電車。。スピードはそんなに出ていないものの 日本ではあり得ないよなぁ。ヨーロッパって大らかというか自己責任というか
a0353681_18100703.jpg



ドウロ川をはさんで右側がポルトの歴史地区、左側がポートワインのセラーがひしめくヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区。わたしガイア地区もポルトだと思っていたんだけど、まったく別の市なんだそうです。
a0353681_20203719.jpg


橋からの眺めはさいこう。
a0353681_18101489.jpg

ずっと見てられるわー。
・・・ってのは嘘で、この橋かなり怖い。。。線路のところに隙間がっつり、400m下の地面丸見えで手に汗&お尻の穴が縮こまり中。
a0353681_18102437.jpg


ポートワイン老舗メーカーのセラーがこの一枚に5軒確認できます。

①CALEM
②SANDEMAN
③OFFLEY
④TAYLORS
⑤DOW'S

わかるかな♪
a0353681_18104030.jpg


a0353681_18105724.jpg


対岸のガイア地区からポルト側をのぞむ。
a0353681_18110856.jpg


a0353681_18113411.jpg


a0353681_18114082.jpg

by yuriika3 | 2019-04-30 12:06 | 海外旅行
2019.4.30 ポルトガル旅行(6日目 - ポルトも街歩きが楽しすぎ -)
朝 テレビをつけたら天皇陛下のニュースやってたぁ~。
a0353681_21052611.jpg
退位礼正殿の儀


今回の旅行でなにげに興味があったのが「日本の天皇交代のニュースってポルトガルでもやるのかな?」ってことだったんだけど、5/1の改元・新天皇即位のタイミングではなく4/30の退位礼正殿の儀からがっつり報道しているあたり 世界も高い関心を持っているんだなぁ とちょっとうれしく思った朝。




さぁて。
ポルトガルのテレビで いよいよ日本に新しい時代がやってくるんだとあらためて実感できたところで朝ごはん行ってみようかなー♪♪

昨日チェックインしたその瞬間からメゾンアルバに感動しまくりなので朝食も期待高まっちゃう!!











キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
朝シャンんんん~♡
a0353681_21053320.jpg
イヤッフーー。
そしてスタッフさんがグッドモーニング♪のご挨拶とともに100%フレッシュオレンジジュースをサーブしてくれ、さらにコーヒーか紅茶かを尋ねてくれるというもうさすがメゾンアルバさんです。





メゾンアルバでの朝食は メイン料理はオーダーし、サラダやパンやシャルキュトリーはセルフなハーフバフェタイプ。←わたしがいちばん好きなやつ^^



2人とも卵料理を注文。
だんなさまはスクランブルエッグでわたしは目玉焼き。
a0353681_21054147.jpg

そしてだんなさまがおもむろに持ってきたコレ↓に目がテン。
a0353681_21054988.jpg
アナタ!!エシレのバターじゃないの!! このサイズ 成城石井で400円で売ってるううううアルバさんすげぇぇ~





山積み(⊙ ⊙)
a0353681_21055717.jpg


シャルキュトリーも充実♡
a0353681_21060430.jpg

自家製ヨーグルトたまらなくおいしい☆
a0353681_21062823.jpg






エネルギー満タンになったところで 観光スタート。

a0353681_21063910.jpg


このへんのアズレージョはどれも古く、淡い色合いやノスタルジックな柄がとても素敵だったー。全体の雰囲気もなんだかとても古く感じます。西部劇に出てきそうな、、、
a0353681_21065145.jpg

a0353681_21072495.jpg



a0353681_21074399.jpg



a0353681_21075368.jpg

ドアノブかわいい
a0353681_21081162.jpg

これはドアノッカー。おしゃれすぎるー
a0353681_21091306.jpg



a0353681_21103481.jpg

ポルトガルの街並み...... なんでこんなに絵になるのか
a0353681_21104339.jpg


ポルトガル王;ドン・ペドロ4世の騎馬像の後ろにそびえるのは市庁舎。
a0353681_21105324.jpg


a0353681_21110296.jpg

朝のサン・ベント駅は旅人がいっぱい。
a0353681_21111042.jpg

この建物好き①
a0353681_21111776.jpg

この建物好き②
a0353681_21112557.jpg


アズレージョの青に黄色の差し色が美しいコングレガドス教会。
a0353681_21113310.jpg


アズレージョの岩☆
a0353681_21120399.jpg
・・・ていうか街歩きが楽しすぎて観光地に辿り着かない。。。。。(・∀・)

by yuriika3 | 2019-04-30 10:03 | 海外旅行
2019.4.29 ポルトガル旅行(5日目 - ポルト最初のディナーはリバーサイドのワインバーで -)
ドウロ川のリバーサイドにやってきました。

ここはカイス・ダ・リベイラという、おしゃれなワインバーやカフェ、レストランが立ち並び観光客のみならず地元の人たちもたくさん集まるエリア。
a0353681_16441733.jpg


人はとても多いけれど ゆっくりとした時間が流れていてせわしなさ皆無、とっても平和^^
a0353681_16442402.jpg


一段上がったところ↓にお目当てのワインバー『Wine Quay Bar』があるんだけど、わたしたちはソワソワしていた。なぜならそのワインバー、ドウロ川を見ながらワインをくゆらせられるテラスシートは10席未満なのだ。
a0353681_16443139.jpg
なんとしてもテラスシートをゲットしなくては。
オープンは16:00。15:55頃食い気味に向かう THE・5分前の精神な日本人。

「いまセッティングするからちょっと待っててねー」とスタッフの女の子。シュババババとあっという間にすてきな空間完成☆ 
ドウロ川、そしてポルトのランドマークであるドン・ルイス1世橋が目の前に広がる最高のロケーション。
a0353681_17062105.jpg


ヴィーニョ・ヴェルデでかんぱーい。
a0353681_16444341.jpg
やっば、めっちゃウマ!!!!
とくにスタッフさんがおすすめしてくれてだんなさまがたのんだAlvarinho Soalheiroは すっきりしていて甘みもあってかなり好き(´♡ω♡`) わたしもコレください!






メニューを見た感じコールドミールばかりだったのでおそらくこのバーにはキッチンがない模様。

たのんだのは
オイルサーディン(缶詰)、羊のチーズ、黒豚のスパイスチョリソー、そしてパン。
a0353681_16445350.jpg
ぎゃふん!!
うんまあああああああああい(´♡ω♡`)

出来合いのものばかりなのに おいしいいいい!! 




食事とともにフクロウの置物がドスンと置かれる。ウミネコ対策なんだって。
a0353681_16450020.jpg


狙ってますからね。。。。
a0353681_16453268.jpg


ちなみにこのフクロウ、首が回ります笑
a0353681_16450747.jpg

オイルサーディンがすごくおいしくて(ポルトガルはサーディンの缶詰が一大産業)、スタッフの女の子に「このオイルサーディンすごくおいしいんだけどふつうのスーパーでも買えますか?」って聞いたら「隣の店で買えるよー 案内しようか?」って。

まじか!
ぜひ!


というわけでだんなさまが買ってきてくれました。やったーーー!
a0353681_16454435.jpg
2缶お買い上げ。@€4.2。なかなか高級。


思わぬ戦利品もゲットできて大満足のWine Quay Bar。
ほんとはサンセットのときに来たかったけれど、その時間帯はぜったい席取れなかっただろうからこれで良し。

お会計€46≒¥5,700。
ごちそうさまでした◎






あっという間に席埋まる(๑⊙_⊙๑)
a0353681_16455353.jpg


a0353681_16460805.jpg



おしゃれなフローレス通り。
a0353681_16461881.jpg


おちゃめなイエス・キリスト。
a0353681_20185936.jpg


ヨーロッパおなじみ、銅像パフォーマンス。
a0353681_16465373.jpg




たのしみにしていたグルメセレクトショップにお邪魔すると、なんとさきほどのオイルサーディンがあるではないか!!!!
しかもトマトやスパイシーやバジルなどいろんなフレーバーがあるぅぅぅぅ~~♡
a0353681_16471494.jpg
爆買いですよ。
お値段は ワインバーで連れて行ってもらったお店より30円安いくらいかな。やはり高級です。

以降、わたしたちはこの缶詰を「おじさんサーディン」と名付けてスーパーやお土産屋さん他 いろんなところで探したんだけどもう二度と会えませんでした。ここで爆買いしておいてよかった






a0353681_16472242.jpg


a0353681_16473164.jpg




やってきたカフェ、レイタリア・ダ・キンタ・ド・パソ。
a0353681_16474284.jpg
ここのクリームシャンティ―という ミスドのエンゼルクリームみたいなドーナツがどうしても食べたくてやってきたのだけれどまさかの売り切れ(T ^ T)





代わりにクリームもりもり ベイリーズフラペチーノ(€3.5≒¥430)。
a0353681_16475348.jpg

お店的にはじつはエクレアがシグネチャなので、、、クラシックエクレア(€1.5≒¥180)。
a0353681_16481051.jpg


おいしそうううう
a0353681_16481733.jpg


a0353681_16484525.jpg


a0353681_16490486.jpg


a0353681_16491831.jpg

スーパーマーケットたのしい♪
a0353681_16492690.jpg

ホテルに戻ると、ターンダウンが入っていて枕元にこんなかわいいギフトが♡
a0353681_20502852.jpg


開けてみたら ぷっくりとしたマカロン!!!
a0353681_20503675.jpg

サダハル・アオキ越えたんじゃない?!?!?! 衝撃的にウマい
a0353681_20373731.jpg


ベッドサイドに置いてくれる水とグラスもうれしい。
a0353681_20504263.jpg
ポルト、早くも大好きになっている。。。

by yuriika3 | 2019-04-29 18:43 | 海外旅行
2019.4.29 ポルトガル旅行(5日目 - ポルト探検! -)
a0353681_18513881.jpg

ホテルにチェックインし、お部屋で荷ほどきを済ませてからおでかけしました。





おおおおおお。ポルト、カッコいい!!
a0353681_16212057.jpg


リスボンとまったく違う街並みに「あたらしいところに来たんだー」というワクワク感とドキドキの緊張が混ざり合う。
当たり前っちゃ当たり前なんだけどリスボンとポルトは 見える景色もカルチャーもどこか違う。東京と大阪もぜんぜん違うもん、それと同じだね。





坂もあるけれど、リスボンほどではないかな。
a0353681_16213044.jpg

アズレージョ文化はポルトのほうが力入っている気がした!
a0353681_16213886.jpg



カルモ教会。
ファサードの美しさもさることながら、側面いっぱいのアズレージョが圧巻!
a0353681_16214739.jpg


a0353681_16220258.jpg
教会内は撮影禁止なので写真なし。


a0353681_16221265.jpg



世界一美しい書店と言われる レロ書店。
a0353681_16223289.jpg
ハリーポッターの作者であるJ.K.ローリングが英語教師としてポルトに住んでいたころ この書店からインスピレーションを受けてハリーポッターを執筆したそうで、店内はがっつりハリポタの世界観を感じられます。


がしかし 観光客が連日押しかけるようになった今では €5の入場料を取るように。


わたしハリーポッター観てないし

すんごい行列作ってるし(ポルトガル名物)


だんなさまもあんまり興味ないとのことだったので華麗にスルー。
ちなみに入場料の€5はそのままバウチャーとして店内のお買い物に使えるようになっているんだけど、ポルトガル語の本買わんでしょ。。。。









コルクでできた自転車。
a0353681_16224129.jpg
コルクの生産量が世界一なポルトガル。
コルクでできたバッグとか帽子とかいっぱい売ってたー。わたしもコルクでできたノートをおみやげに購入^^







建物のごちゃっと感、好き。

a0353681_16225159.jpg


a0353681_16230213.jpg

ポルトはアズレージョをまとった教会がたくさん♪
a0353681_16231826.jpg







サン・フランシスコ教会。
a0353681_16233794.jpg

ここは見応えありました
a0353681_16235908.jpg


キンキラリン☆
a0353681_16241596.jpg


a0353681_16243481.jpg


a0353681_16244184.jpg


「いっただっきまーす」
a0353681_16250586.jpg



偶然入った路地、壁一面がアズレージョ。感動 (´,,>ω<,,`) 
ちょっとボケているけれどお気に入りの一枚。
a0353681_16251590.jpg
後日、「こないだ偶然見つけた アズレージョの路地にもう一度行きたい」とだんなさまにお願いしたところ

「そんなとこあったっけ?」


死 ね ~



a0353681_16252993.jpg

by yuriika3 | 2019-04-29 14:20 | 海外旅行
2019.4.29 ポルトガル旅行(5日目 - Maison Albar -)
a0353681_16513799.jpg
今日からメゾン・アルバで4泊。

地下鉄アリアドス駅からは徒歩1分、
ポルトの中心;サン・ベント駅からも徒歩5分とかなりの好立地。


そしてこのザ・ヨーロッパな建物にテンション上がる~↑↑
a0353681_19552712.jpg


併設のカフェバーがこれまたいい雰囲気で「滞在中1回来てみたいね」って話していたんだけど残念ながら行けなかった。。
a0353681_19555334.jpg


5スター★ イヤッフー
a0353681_19555968.jpg

レセプションで感じのよすぎるスタッフさんに笑顔で迎え入れてもらいチェックイン。





奥の突き当りのドアがわたしたちのお部屋。だんなさまひょっこりはん。。
a0353681_19560971.jpg

ヒョウ柄ですよ奥さん!! でもなんだろう、いい!笑 てかだんなさま。。。w
a0353681_18500694.jpg


部屋カテゴリーはジュニアスイート。

お部屋に入るとまず正面にクローク。右側は水回り。そして左に曲がると、、、
a0353681_19561710.jpg


きゃぁぁ~~ なんじゃこりゃぁあああ~~(´♡ω♡`)
a0353681_19562893.jpg
想像を超えるインテリア。。。

派手な柄の絨毯、赤い壁、ベッドエリアとデスクエリアをゆるく仕切る幾何学模様のパーティション。

一見 どこぞのエキセントリックなアーティストの家みたいにサイケな仕上がりなのに、まとまりがあって不思議とものすごく落ち着く空間。
a0353681_19563668.jpg
いやーすごい。インテリアデザイン誰? 天才?!


格式高い5スターのホテルで
ここまで攻めて、
ここまで個性溢れるお部屋は初めて。

一発で気に入ってしまいました(*´ェ`*)


a0353681_19565163.jpg



だんなさまのお仕事スペースですね。
a0353681_19565906.jpg


よーく見るとこの派手な絨毯、メゾン アルバのロゴを延々とつなげた模様だった。トンチきいてる
a0353681_19570798.jpg


ワークスペースの隣はミニバー。
a0353681_19571407.jpg

ナッツの瓶がゴージャス。。。怖くて開けらんない(´・ω・`)
a0353681_19572224.jpg


a0353681_19573090.jpg

お紅茶はマリアージュフレール。
a0353681_19574009.jpg


a0353681_19575963.jpg


貴族のベッド。
a0353681_19581186.jpg


a0353681_19581718.jpg


ベッドヘッドの レザー張りと真鍮の玉飾りに高級感を感じます。読書灯もおしゃれ^^
a0353681_19582516.jpg


サイドボードは両サイドに設置してあるので自分専用にできまする♪
a0353681_19583131.jpg


引き出しの中はなんとベルベッド敷きなのでわたしはアクセサリー置き場に使ってました☆
a0353681_19583782.jpg


この部屋に胡蝶蘭がとても合います。
a0353681_19584576.jpg




ベッドの正面にある大きな鏡。なんとこれ、
a0353681_19585226.jpg


TV!!!! み、未来!!!!
a0353681_19590927.jpg
だんなさまがYoutubeつなげてくれてゆづるちゃん祭り♡





テレビ下のちょっとしたスペース&スツールが使い勝手よかった。
a0353681_19592138.jpg


こういうのにキュンとしちゃいます。
a0353681_19592860.jpg


ベッド側から水回りを見ます。遠いー
a0353681_19593400.jpg


容量たっぷりのクローク。
a0353681_19594211.jpg


感動したのがセーフティボックス。
ボタンやツマミや取っ手が一切ない、フルフラットの鏡面仕上げ。超かっこいい!!
a0353681_19594831.jpg



蓋を開閉することで数字が登場。
a0353681_19595464.jpg

パスワード入力すると、ビューンて引き出しが自動で飛び出てくるんですよ。カッコイイ~
a0353681_20000113.jpg



水回りは総大理石で 高級感と清潔感がすごい。
a0353681_20002160.jpg


アメニティはフランスのNUXE。
a0353681_20003190.jpg

パウダールームのコップがここまでラグジュアリーとは恐れ入ります..
a0353681_20003755.jpg


a0353681_20004595.jpg


a0353681_20005223.jpg


透明のガラスはシャワールームで、曇りガラスの方はトイレ。
a0353681_20005789.jpg


バスタブも広々。よゆうで足伸ばせます。ユヅクリン持ってくればよかった!
a0353681_20011817.jpg


複雑に絡み合うスパウト。
a0353681_20012614.jpg


厚手のバスローブがうれしい^^
a0353681_20013217.jpg
この部屋で4日間過ごせるのうれしすぎるー

by yuriika3 | 2019-04-29 13:54 | 海外旅行
2019.4.29 ポルトガル旅行(5日目 - ポルトガル第2の都市;ポルトへ -)
すてきな景色を眺めながらの朝ごはんも今日が最後。
a0353681_17034745.jpg
そう、わたしたちは今日リスボンを離れる(また戻ってくるけどね)。ついに ポートワインのふるさと、ポルトへ行くのだ。うひょー たのしみすぎるー♪♪




いつもと同じもの取りがち。
a0353681_17035554.jpg


a0353681_17040218.jpg

さいごなのでいつもより長めに食後のコーヒータイムをとり余韻に浸る。
a0353681_17041097.jpg



8:30ごろ宿を出発。
a0353681_17041978.jpg


石畳にワンポイント☆
a0353681_17043482.jpg


ポルトガルの石畳って凝ってるわー。
a0353681_17044927.jpg


ポルトまでは特急列車に乗っていきます。

ポルト行き特急列車はサンタ・アポローニャというリスボン中心地からちょっとはずれのところにある駅から出るので、まずはメトロに乗ってサンタ・アポローニャへ移動。
a0353681_17045627.jpg


未来的~
a0353681_17050391.jpg


a0353681_17052009.jpg


右のカモメのイラストかわいくないですか? カモメ線って言うんですよ~。
a0353681_17054009.jpg
リスボンではメトロは4線通っているんだけれど ほかはひまわり線とか船線とか。な、なんてかわいいんだ(*´ェ`*)
一方 東京、、、、、半蔵門線、東急東横線...... うん、堅苦しいw






通勤ラッシュ皆無。
a0353681_17055250.jpg


たった2駅、あっという間にサンタ・アポローニャ駅に到着! オーラあるー さすが国際列車も発着しているだけあるー
a0353681_17060048.jpg


a0353681_17060703.jpg


ヨーロッパのプラットホームってどこかノスタルジック。
a0353681_17061483.jpg


列車の顔がちょっとおもしろい。ウォーズマンみたい。
a0353681_17062831.jpg


バリアフリーならぬバリアフル。。。デカ重なトランク持って乗り込むのまじ大変!!!
a0353681_17064710.jpg



さて、今回わたしたちは一等車両を選びました。

a0353681_17063999.jpg


というのも、列車移動するにあたってひとつ心配だったのがスーツケースを置くところあるのか?問題。
これ、3年前に旅したプラハ → ウィーン の列車移動のときも発生して。そのときは最後部座席の裏?の隙間に置かせてもらえたんだけどポルトガルの列車はどんな感じなのかわからない。

スーツケースは大きすぎて上の荷物棚にはもちろん置けないし、自分の席の前にスーツケース置いて そうすると足の置き場がなくなるのでシートの上で体育座りしてポルトまで3H? → 切ない (´Д`)


で、鬼リサーチの結果、1等車両だとスーツケース置き場があるということが判明したので、もう一択で1等決定したというわけ。




わーい、あったー
a0353681_17065562.jpg


ゆったり快適。
a0353681_17070052.jpg


a0353681_17070867.jpg

だんなさま、サンタ・アポローニャ駅で菓子パンとコーヒーをちゃっかり買っていたらしい
a0353681_17072000.jpg

シートはリクライニング無しだけど、フカフカだしかなりゆったりなのでまったくの苦痛なしで3時間。

さらに、IT小僧なだんなさまのためにコンセントが付いている席(1車両につき10席くらいしかない)をちゃんとセレクトしてチケット手配してあげたのでだんなさまは 終始ごきげんで ルルルーン♪ とスマホでお仕事。
なにこのできる妻っぷり!!!! 自分がこわい!!





ポルトのカンパニャン駅に到着、そのままローカル線に乗り換えて ポルトのメインステーションであるサン・ベント駅にやってきました。
a0353681_17073199.jpg



世界で最も美しい駅として必ず名前のあがるサン・ベント駅。
アズレージョ画家を代表する存在であるジョルジェ・コラソによる2万枚のアズレージョが壁を埋めつくしています。それはそれは圧巻でした。
a0353681_17073827.jpg


わたしも含めて観光客がたくさん写真を撮っていて、移動の拠点というよりはもはや立派な観光名所。
a0353681_17074740.jpg

淡いブルーのアズレージョと その上に控えめにある黄色いアズレージョの画の組み合わせが違和感なくマッチしている。

a0353681_17075739.jpg
よぉぉぉし、今日から4日間ポルトを満喫するぞ☆

by yuriika3 | 2019-04-29 10:02 | 海外旅行
2019.4.28 ポルトガル旅行(4日目 - ディナー@Frade dos Mares -)
今夜のディナーはこちらFrade dos Mares。緑のアズレージョとピンクの壁の組み合わせがかわいい(*´ェ`*)
a0353681_19023453.jpg
なんと入口は施錠されていて、呼び鈴を押して中からスタッフさんに開けてもらうというシステム。
わたしは 偶然レビューを見てそのことを知ったからよかったけど、なんにも知らないで行っていたら200%焦るパターンだよ。。。


というわけでピンポーンてしたら 中からかわいい女の子が出てきて笑顔で「welcome!」
はい、この店好き♡



a0353681_19024173.jpg
お約束のヴィーニョ・ヴェルデ。めちゃうまー!! 今まで飲んでたヴィーニョ・ヴェルデなんだったん?




デフォルトで運ばれてくるパンセット。お店によってはパン&オリーブとかパン&シャルキュトリーとか それだけでお腹いっぱいになりそうなほど豪華だったり。ここはシンプルにパンだけなので助かる^^
a0353681_19024754.jpg
パンセットはタダではなくて課金されるんだけど、要らなかったら断ることもできます。でもポルトガル料理ってパンがめちゃ合うからわたしたちはほぼ100%いただいておりました。





わたしたちのテーブルを担当してくれたドナちゃん(ビバヒルのドナに似てるので)は ほんとうに笑顔がすてきでフレンドリーで優しくてよく気が効いてて好感度しかない人。

そんなドナちゃんにポーションとかおすすめとか聞きながら 3皿セレクト。



サーモンの燻製。
a0353681_19025442.jpg
ガラスのドームを被って登場したプレート、ドナちゃんがドームをパカンて取ると煙がモクモクモク~~っと出てくるイカしたプレゼンで 2人してキャ~~♡ってなった^^ 
あ、ここで言う2人とは、わたしとドナちゃんです笑





ディップも数種類から選べました。↓だんなさまチョイス
a0353681_19025956.jpg


タコのオーブン焼き。
a0353681_19030665.jpg
これこれこれー。ポルトガルでぜったい食べたかったやつー。タコの丸ごとグリルぅぅぅ(´♡ω♡`)


やわらかいのに食感はしっかり残っているという絶妙な火加減。味つけもどんぴしゃに好みでめちゃめちゃおいしかったー♡
下に敷いてあるポテトもホックホク(๑>ڡ<๑)

a0353681_19031220.jpg



海老のリゾット。
a0353681_19032772.jpg

文句なしにおいしい上、海老でかい&大量。最高か。
a0353681_19033843.jpg


お料理は素晴らしいしドナちゃん優しいしで お腹いっぱいだったけどテンション上がっちゃったので デザート食べちゃう。


お店の名前を冠した Frade dos Mares プディングを。
a0353681_19034469.jpg
食後のドリンクもしっかりいただき、大大大満足のディナーでした。
ほんとにすてきな時間だったなぁ。。。
ドナちゃんありがとう。 → チップ盛り盛り

お会計€70≒¥8,700。
ごちそうさまでした◎













お店を出てから ご機嫌で街歩き。
a0353681_19035231.jpg



リスボンの街を歩いていると このカラフルなモールを飾っている路地にわりと頻繁に出くわします。
a0353681_19040166.jpg
なんとなく空気が異国というか移民のコミュニティーなのかなという雰囲気。そこにいる人々は底抜けに明るいけれど、どこか危なっかしさもあったかな。
帰ってからいろいろ調べてみたけれど このモールの路地の正体は謎のまま。。。知ってるかたいたら教えてくださいー




大人気、ビガ線のケーブルカー。なんだかんだで1日1回は ここを通ってる気がする。
a0353681_19042662.jpg



忽然と現れた、バランス感覚だいじょうぶか?と心配になるサンタ・ジュスタのエレベーター。
a0353681_19043518.jpg
坂道(高低差)の多いこのリスボンで、低地と高地を結ぶエレベーターが市民の足として誕生したのが1902年。いまは観光地の役割のほうが大きそう。




クラシック満載のエレベーターに乗って屋上展望台まで行くのだけれど、そのエレベーターはポルトガル名物・大行列必至なので そんなときはこちらの裏技を↓↓
a0353681_19044489.jpg
高地と高地(サンタ・ジュスタのエレベーターの最上階)とを結ぶ渡し橋があるのです!! つまり わたしが写真を撮っているところが谷ですね。




この橋は レストランをずんずんと突き抜けると現れるのでけっこうわかりづらい。そのせいか利用者ほぼゼロ。
a0353681_19045206.jpg




屋上展望台に着きました。

きゃぁ~ オレンジ屋根♡♡♡ ここでサンセット見る♪
a0353681_19050158.jpg


少しずつ空の色が変わってきました。ちなみにこの時季のリスボンの日没は20:30。
a0353681_19050891.jpg



カルモ修道院。
1755年の大地震で倒壊し、柱とアーチのみが残っている。
a0353681_19053273.jpg


マジックアワーに突入すると 街にも灯りが点き始め、なんとも言えない景色が広がります
a0353681_19051561.jpg


a0353681_19054318.jpg


a0353681_19054997.jpg


サンタ・ジュスタのエレベーター、大満足☆
a0353681_19055870.jpg


夜のリスボンもそれはそれはフォトジェニックで、いちいち写真撮るのに足が止まってしまうからぜんぜん進まないー
a0353681_19060732.jpg


a0353681_19062214.jpg


a0353681_19063296.jpg
今日はたくさん観光したからぐっすり眠れそう。おやすみなさいzzz

by yuriika3 | 2019-04-28 21:01 | 海外旅行
2019.4.28 ポルトガル旅行(4日目 - サン・ロケ教会 -)
階段がカフェになりがち。ヨーロッパあるある
a0353681_19132119.jpg



マグナムボトルのポートワイン デカす。
a0353681_19132966.jpg


どこの教会か忘れてしまった でも綺麗だから載せとこ。。
a0353681_15534461.jpg


こちらは サン・ロケ教会。
a0353681_19133998.jpg


16世紀末、イタリア人建築家によって設計されたバロック建築の集大成とも言われるサン・ロケ教会。
重厚感あってすてきだった。
a0353681_19134772.jpg


a0353681_19140315.jpg


古いアズレージョがいいですな。ここを抜けると、
a0353681_19141396.jpg



数々の絵画が飾られているお部屋に出ました。
a0353681_19142054.jpg

教会のおじさんがわたしたちに「きみたちはどこから来たのかな?」と聞いてきて、「日本です」って答えたら「ここに日本に関連する画があるよ」と教えてくれました。やさしい(*´ェ`*)




フランシスコ・ザビエルが 山口の大名のお屋敷を訪れた際の一枚。
a0353681_19143755.jpg

ザビエルが日本滞在したときの絵画はほかにも3枚くらいあったかな。
16世紀、天正遣欧少年使節がポルトガルを訪れたときはここサン・ロケ教会で1か月ほど滞在したそうです。なかなか日本に縁のある教会でした。



a0353681_19144630.jpg



昨日の早朝散歩で訪れたサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台。日中だとオレンジ屋根の街並みがパキッとして見える☆
a0353681_19145687.jpg


そのままプリンシペ・レアル地区をぶらぶら。
a0353681_19150516.jpg


a0353681_19152157.jpg


なんでもない小路からの眺めがとてもよかった
a0353681_19152947.jpg


やってきたのはここ。150年も前に建てられた建物におしゃれなショップたちが入居している わたしウケ間違いなしのスポット。
a0353681_19153812.jpg


いやー こんな歴史ある建物をファッションビル?にしちゃうなんて、ポルトガルさすがだわ。
a0353681_19155088.jpg


雰囲気満点のイスラム風吹き抜け。レストラン開放感あるなー
a0353681_19160070.jpg


この建物自体、訪れる価値があるわ
a0353681_19161293.jpg


小物から洋服まで、可愛いものがたくさんあってテンション上がった上がった
a0353681_19162636.jpg
なにも買わなかったんだけどね。。。






プリンシペ・レアル公園散策。



この木すごい。木の屋根で日除け。
a0353681_19163492.jpg


a0353681_19164317.jpg


a0353681_19165009.jpg


ワンちゃんとお昼寝。ほのぼの。
a0353681_19170521.jpg



白亜の国会議事堂。
a0353681_19173740.jpg



さぁ、晩ごはんを食べに行こうー
a0353681_19171892.jpg

by yuriika3 | 2019-04-28 17:12 | 海外旅行



だんなさまとのおいしいたのしい生活の記録。
by yuriika3
カテゴリ
全体
渋谷・代官山・中目黒
恵比寿・目黒
原宿・青山・外苑前
二子玉川・自由が丘
銀座・丸の内・日本橋
新宿・代々木
品川・田町・大崎
東京その他
横浜市
神奈川県
食材・TakeOutごはん
おやつ
おうちごはん
お酒
ファッション
家具・雑貨
イエ
イベント・芸術鑑賞
お花・グリーン
観もの読みもの
BEAUTY
FUN
electronics
国内旅行
海外旅行
スポーツ
日記
未分類
タグ
(132)
(96)
(88)
(55)
(51)
(49)
(48)
(47)
(46)
(45)
(44)
(44)
(34)
(33)
(27)
(23)
(21)
(18)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
yuriikaの覚書き
▲五色沼
▲モロッコ
▲ホワイトサンズ
▲カッパドキア
▲ウユニ塩湖
☆アマンプロ
+ほていさん
+小野田商店
+庭つ鶏
+ミ・レイ
+煮こみやなりた
+リストランテ マッケローニ
+老四川 飄香
+とよ田
+レストランバカール
+リトル小岩井
+アメリカン
+傳
+ミモザ
+いふう
+カンティーナカーリカリ
+リアン
検索
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧