人気ブログランキング |
カテゴリ:観もの読みもの( 48 )
2019.11.28 Number『もっと強く、美しく。』
Numberのスピードに脱帽。
5日前のNHK杯をしっかりキャッチして厚みある記事を載せてきているんですよ!! すごくないですか。

a0353681_20061427.jpg
これまた実にいい瞬間を切り取りますなぁ





「もっと強く、美しく。」


このタイトル、見覚えが、、、

わかった☆
ちょうど1年前に出たフィギュア特集号「美しく、強く。」だ。そこから続いているのね。
a0353681_20061646.jpg
「美」と「強」が逆転しているのは意味深だなぁ

by yuriika3 | 2019-11-28 20:05 | 観もの読みもの
2019.11.15 Number PLUS<完全保存版>ラグビーW杯2019 桜の証言
これ読んでるとまた涙が...。


熱いよぉお~ ラグビー。。。。

a0353681_14525465.jpg



表紙をペラっとめくったら…


なんとっ



笑わない男の笑顔がwww
a0353681_16432294.jpg
かわいい


1ページ目にこの写真をぶっこんでくるとはNumberさんお茶目ですな。





この2か月でNumberが発行したラグビーW杯特集、ぜんぶで5冊ですよ。すごくない?! 編集者の働き方、だいじょーぶかな?

a0353681_14530114.jpg
我が家はそのうち4冊を買いました


左から、、、
「ラグビーワールドカップ直前特集 桜の出陣。」
(9/12発売、W杯開幕前発行)
「ラグビー日本代表 ベスト8進出の軌跡 突破。」
(10/17発売、ジャパンがプール戦突破決定後、発行)
「ラグビー日本代表 W杯総集編 桜の結実」
(10/24発売、ジャパンがベスト8敗退後、発行)
「完全保存版 ラグビーW杯2019 桜の証言。」
(11/9発売、W杯終了後、発行)


個人的には「突破。」がすごく好きです。もれなく泣けます。
あと 全冊に共通してある「GORO'S EYE」という五郎丸歩の解説&感想記事がすごくわかりやすいし五郎丸自身がめっちゃ喜んでいることが一文一文からひしひしと伝わってくるのが心地よくて、何度も読み返しちゃう。

by yuriika3 | 2019-11-15 18:50 | 観もの読みもの
2019.6.26 アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング
a0353681_18395350.jpg
外見にコンプレックスがあり、何事にも消極的なレネー。
そんな自分を変えようとダイエットを決意し、ある日ジムで自転車を漕いでいると転倒して頭を強打し気絶。

目が覚めたら、スーパーモデル並みのルックスとボティを兼ね備えた自分がいた。のだが、実際はなんにも変わっていなく、レネー本人だけ、自分がスタイル抜群の美女に見えているだけなのだった…




レネー「ちょ、見てよこのお腹!!! すごくない?!(細くて)」
ジムスタッフ「ええ、すごいです(めっちゃ出てます、腹)」
a0353681_18395848.jpg






こんなゴージャスな同僚に囲まれてもひるんだりしない、だってわたしもスタイル抜群の美女だから!(実際はぽっちゃりちょいブス)
a0353681_18400933.jpg
黒いドレスはナオミ・キャンベル嬢





おなじジムに通うこの子。彼女はこんなにスタイル抜群の美女なのに自分に自信がなく彼氏にも捨てられたという設定でレネーとの対比を描く。
a0353681_18401506.jpg



クリーニング屋で目が合っただけなのに「もうーーー。わたしのこと気になっちゃってるのね。困っちゃう」と連絡先を教えてあげるレネー。とまどう男。(のちに彼氏になる)
a0353681_18402323.jpg
スタイル抜群の美女になった(と思い込んでいる)ことで、自分に自信を持ち、憧れていた職業をゲットし彼氏をゲットしステイタスのある男性からも言い寄られるほど人生が輝きだしたレネー。


自分の気持ちの持ち方次第で人生はこんなにも素晴らしいものになるんだ、ようは自分次第なんだよ、というメッセージ。


わたしは元来 ネガティブ女王で なにに対しても自信を持てない人間なので、レネーを見て「よぉぉーし、わたしも明日からポジティブになる!!」なんて思ったけどまぁ無理ですよね...。
あぁ、ポジティブになりたい。。。。


というわけでとてもいい映画でした。
美女だと勘違いしたレネーとまわりの人々との噛み合わなさが面白いし、ポジティブに生きられたら人生が輝くよというメッセージにも無理がなく、とても納得。

ちなみに、レネーの目に自分がどういう美女に映っているかは さいごまで見せない演出でした。このやり方も斬新で好き。


おすすめです!

by yuriika3 | 2019-06-26 18:38 | 観もの読みもの
2019.4.21 バッド・ジーニアス 危険な天才たち
初めて観た、タイ映画。


頭脳明晰だが貧乏なリンが クラスメイトたちにたのまれてカンニングビジネスを始めるという物語。
a0353681_21465476.jpg

さいごがちょっと切なかった。
リンとパンクは恋人同士になるとばかり...
悪いことは決して成功しないよというメッセージなのかな。。

しかしリンの友達、グレース&パックのセレブっぷりは完全にゴシップガールだった(^^;



by yuriika3 | 2019-04-21 21:45 | 観もの読みもの
2019.4.10 フィギュアスケートマガジン『2018 - 19 世界選手権2019特集号』
フィギュアシーズンが終了し、
各社が2018-19シーズンの総括本を次々に出しているなか だんなさまがNumberを買ってきてくれたんだけど、

ほんとごめん!
Numberはゆづる記事が他社に比べて少なめなのがいまいちだったから、実はわたしはいち早く見送ってたのよね!


で、わたしが吟味に吟味を重ねて選んだのはこれよ!
a0353681_19092673.jpg
ななんと、95%羽生結弦なのよ!
これよこれこれ!!!

ワールド出場のため帰国した羽生結弦の1週間を、一秒たりとも見逃さず文字に起こした記事は読みごたえ抜群、ユヅリスト涙もの。

写真もとってもかっこよくて大満足の1冊♪

by yuriika3 | 2019-04-10 19:08 | 観もの読みもの
2019.4.8 Number PLUS『2018-2019 フィギュアスケート 銀盤の不死鳥。』
先月の世界選手権をもってシーズンを終了したフィギュアスケート。
いま、世の中にはフィギュア大総括の雑誌があふれかえっており どれを買おうかたいへん悩ましく、本屋でじっくり吟味しながら選んでる最中だったところ、、、


だんなさまがNumberを買ってきてくれました!
a0353681_19293274.jpg
や、やさしい(´♡ω♡`)
だーりんありがとう♡

by yuriika3 | 2019-04-08 19:29 | 観もの読みもの
2019.3.3 シェイプ・オブ・ウォーター
2017年アカデミー賞作品賞受賞作品。


海外旅行に行くと機内プログラムにいつも入ってて、でもちゃんとしたテレビで腰を据えて観たかったのでガマンしてました。いざ!!
a0353681_18131224.jpg
なぜかR15指定。

なして??

だって 半魚人と発話障害のある女性との恋愛を描いた、ロマンティックなファンタジー映画だよね?


まぁ、そこはその通り。

だが。。。。



暴力シーンがもうスプラッタ!!!
セッ●スシーン、おっちゃん腰パンパンパンパン振りまくり!!! 生々しさこの上なし!!!
イライザ(主役)、お風呂でオナニーが日課!!!


R指定 納得!!!



ヴァイオレンスは死ぬほどグロイです(´Д`) 見れたもんじゃありません。。。。。







半魚人とご対面。好物:ゆでたまご。
a0353681_19444682.jpg

やだちょっと...か...かわいい...かも??
a0353681_18133887.jpg
半魚人がゆでたまご食べてるとこ、かわいい...
ぼ、母性?!?!




ついに半魚人と結ばれるイライザ!! 
a0353681_19445114.jpg


イライザの数少ない理解者である、同僚のゼルダがすごくいい味出してた。
a0353681_19444048.jpg

なんだろうなー
ラブストーリーなんだけど、サスペンス色のほうが強くて常に心臓ばくばく。
デミ・ムーアのゴーストのサスペンス部分を100倍にした感じ。


ロマンティックを期待してはいけませんでした。
イライザと半魚人のすてきなシーンも、安心して見ることができないくらい わたしはずっと怖かった。。。。。





手話で F U ● K !!
a0353681_18133080.jpg


こわいこわいばっかり書いてしまったけれど、いい映画だったと思います。

とことん地味な女性だったイライザが半魚人に恋をしたら どんどん表情が豊かにそしてキレイになっていくその変化がすばらしかった。演じたサリー・ホーキンスすごいですね。
a0353681_18134571.jpg
ネタバレになるからあまり書けないけれど、物語自体もわたしの好きな終わり方でした。
でもやっぱりこわかったー

by yuriika3 | 2019-03-03 18:12 | 観もの読みもの
2019.3.2 アナザーストーリーズ『羽生結弦オリンピック連覇~メダリストたちが語る最強伝説』
2月末に放映された番組。
yuriika家はBS入らないから観られず、、、観たくて観たくてぎゃーぎゃー暴れていたら...

だんなさまがGyaoで見つけてくれたのー。か、神...(T ^ T)

a0353681_18375027.jpg

オリンピック連覇という66年ぶりの偉業を成し遂げた羽生結弦の伝説を、3人のメダリストがそれぞれの角度から語ります。




大会直前に靱帯損傷という重大な怪我をしてしまった羽生結弦。
そのときわたしはまだユヅリストじゃなかったから、「えー だいじょうぶなのー?」くらいにしか思わなかったのよね(ある意味しあわせ)。
a0353681_18375792.jpg

でも彼はやってくれました!
偉大なるスケーターたちでさえ達成できなかった連覇を、怪我明けぶっつけ本番の試合でやってのけたのです!
a0353681_18380214.jpg


菜々子もドヤ顔
a0353681_18380834.jpg


【視点1】ディック・バトン
a0353681_18381507.jpg
言わずと知れた、66年前に五輪連覇を達成したアメリカの選手ですね。
御年89歳という彼は 毒舌解説者として有名ですが 羽生結弦だけは認めている模様。


私の評価基準は演技がちゃんと「劇場」になっているかどうか、それだけだ。独創的で、お客を呼べる「劇場」にね。
羽生結弦の演技はそういう意味では、最高だ。みんなをうっとりさせる。満員御礼間違いなしだね。
彼のジャンプで見るべき一番重要なポイントは、スピードだ。ジャンプに入る時と、出るときのスピードが変わらない。そんな選手はまずいない。跳びましたよ!なんてアピールはしない。他の選手は難しいジャンプを跳び終わると「終わった感」が出ちゃうけど、彼は切れ目なく、シンプルに演技を続けている。


さすがバト爺、わかってるわ!!! 
ありがとう、もっと高らかに自国(アメリカ)のジャッジに言ってやってちょうだい!




ちなみにバト爺は メダルをそれぞれブローチと文鎮にして両親にプレゼントしたそうな
a0353681_18382459.jpg




【視点2】エフゲニー・プルシェンコ
a0353681_18383004.jpg
羽生結弦自身が敬愛してやまないプル様。
だんなさまはプル様のストーリーがいちばん気に入ったみたい。


プル様が羽生結弦と初めて会ったのは彼が10歳のときで、スケートのセンスの良さに驚かされたという。
15歳でシニアデビューをし、そこから次々にタイトルを獲得しソチオリンピックの出場権を手にした羽生結弦に対してプル様は

「登ってきたな。最高の対戦相手ができた」

と思ったんだとか。か、かっこよすぎるぜプル様~

けっきょくソチではプル様の棄権により2人の競演はかなわなかったけれど。。。


連覇がどれだけ難しいのか 私は身をもって知っているけれど、誰かがやるとしたら世界に、ユヅルしかいない。だから僕はあのオリンピックでも『ユヅルがその場に立てさえすれば連覇は間違いない』と断言していたんだよ。

a0353681_18383509.jpg

a0353681_18385330.jpg




【視点3】ハビエル・フェルナンデス
a0353681_18385920.jpg

おなじコーチのもとで切磋琢磨してきた、熱い友情で結ばれた2人の物語。


ハビ~~♡♡
a0353681_18390512.jpg
2人の深い友情が育まれ始めたのは 羽生結弦がクリケットに移籍した2012年のこと。
そこから今日まで、お互いがお互いを刺激し合い、ライバルと認め合い、ともに成長していった。

そのくだりがもう、美しくて美しくて!! 男の友情ってほんとうにいいわ~♡





そして起こった、五輪3か月前の羽生結弦の怪我。


面と向かっては、会わないようにしていました。彼は時々リンクに出て練習しようとしては、すぐに傷が痛んで下がる、という状態でしたからね。
僕らは、お互いのケガについて話したりはしません。ユヅルに求められれば何だって手伝いますが、彼にはケアしてくれる人が
周りにたくさんいる。

僕らのように高いレベルで競い合っている場合、求められるのは、
変わらず「背中」を見せ続けることなんです。練習している僕の背中を見ろ。僕はレベルを保って、君との戦いを待っているよってね。
a0353681_18391070.jpg
やだ・・・・・ハビもかっこいいこと言うわ(T ^ T)



ユヅ金、ハビ銅。
お互いの健闘を讃えてハイタッチ!!! 
a0353681_18391714.jpg


表彰の前、ゆづるちゃんに「最悪だな」と言われたハビ。。
a0353681_18395475.jpg

ユヅルにこう言ったんです。「君と競えたことは僕の誇りだ。実は、これが君と戦う最後の試合なんだ僕は引退する」って。実はあの時までは、誰にも言っていませんでした。誰にも。
ユヅルには「最悪だなおまえ!」と言われたけれど、でも、僕はここだと思ったんです。今しかない、と。だって最高の戦いの後だったからね。一番告げたい人と、一番いい場所にいられて、本当に良かったよ。



号泣するゆづるちゃんを横に、しょーまキョトン。w
a0353681_18395957.jpg



やだ、ハビもちょっと涙目じゃない・・・
もうやめてよ~ こっちまで泣いちゃう~(T ^ T)
a0353681_18400692.jpg
やっぱりわたしはハビのストーリーがいちばん好きかな。
ハビユヅ永遠に...


さすがNHK、ほんとうにいい番組だった。
見つけてくれただーりんに感謝感謝です。


by yuriika3 | 2019-03-02 20:37 | 観もの読みもの
2018.11.19 TRANSIT『ベトナム 懐かしくて新しい国へ 』
a0353681_10552135.jpg
ベトナムに行ったのはかれこれ14、5年前。
あれからきっとものすごい成長をしているんだろうな。

by yuriika3 | 2018-11-19 18:54 | 観もの読みもの
2018.10.31 YUZURU ll
けっきょく買った。
さいしょから2冊買えばよかった。というウワサが......
a0353681_17001853.jpg

いやもう、YUZURUll の破壊力ヤバい!!!!!
どの写真もすてきすぎて鼻血!!!!!

a0353681_17173939.jpg
カッコいい羽生結弦
キュートな羽生結弦
うつくしい羽生結弦
眼光鋭い羽生結弦


さすが、ゆづるちゃん撮らせたら世界一の能登直氏。

すべての写真スキャンしてスマホに閉じ込めておきたい・・・

by yuriika3 | 2018-10-31 17:16 | 観もの読みもの



だんなさまとのおいしいたのしい生活の記録。
by yuriika3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
渋谷・代官山・中目黒
恵比寿・目黒
原宿・青山・外苑前
二子玉川・自由が丘
銀座・丸の内・日本橋
新宿・代々木
品川・田町・大崎
東京その他
横浜市
神奈川県
食材・TakeOutごはん
おやつ
おうちごはん
お酒
ファッション
家具・雑貨
イエ
イベント・芸術鑑賞
お花・グリーン
観もの読みもの
BEAUTY
FUN
electronics
国内旅行
海外旅行
スポーツ
日記
未分類
タグ
(132)
(100)
(96)
(56)
(53)
(51)
(49)
(48)
(48)
(48)
(45)
(44)
(35)
(33)
(27)
(24)
(21)
(18)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
yuriikaの覚書き
▲五色沼
▲モロッコ
▲ホワイトサンズ
▲カッパドキア
▲ウユニ塩湖
☆アマンプロ
+ほていさん
+小野田商店
+庭つ鶏
+ミ・レイ
+煮こみやなりた
+リストランテ マッケローニ
+老四川 飄香
+とよ田
+レストランバカール
+リトル小岩井
+アメリカン
+傳
+ミモザ
+いふう
+カンティーナカーリカリ
+リアン
検索
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧